関西学院大学 研究活動情報

Kwansei Gakuin University Research Activities

木村仁・法学部教授が、信託法学会シンポジウムを企画、実施
Professor Hitoshi Kimura hosted Conference of Japan Association of the Law of Trusts.

2019.07.17

 木村仁・法学部教授がコンビーナを務める第44回信託法学会 半日シンポジウム「民事信託の課題と展望」が、2019年6月9日に、上智大学四ツ谷キャンパスで開催されました。
 高齢化社会の本格的な到来に伴い、成年後見制度に代わる(またはこれを補完する)財産管理の手段として、また財産を後の世代に円滑かつ柔軟に承継させる仕組みとして、信託の利用が増えています。他方で、一定の家族が自分に有利な信託を高齢の親に設定させるといった問題や、身上保護の役割も担う成年後見と財産管理手段である信託とはどのように連携すべきかなど、多くの解明すべき課題に直面しています。本学会シンポジウムでは、実務、財産承継、税制、財産管理、比較法の観点から、民事信託の重要な課題を総合的に検討しました。
 法学研究者、信託銀行関係者、弁護士、司法書士など約300名の参加者が集まり、本学会シンポジウムでは、民事信託をテーマにした発表が行われ、様々な分野の参加者と活発な議論が展開されました。高齢化社会における民事信託の健全な発展に一定の貢献があったと思われます。
 
    Symposium: Problems and the Future of a Family Trust, the 44th Annual Conference of Japan Association of the Law of Trusts, organized by Professor Hitoshi Kimura, Faculty of Law and Politics, was held at the Sophia University, Yotsuya Campus on June 9, 2019.
  The Symposium aims to discuss important issues of a family trust from both practical and theoretical point of view includng the law of succession, tax and guardianship. About 300 academics and legal practitoners attended the conference, and presentations and discussion were held regarding family trusts. There were lively debates, and researchers from various areas of  law exchanged ideas at the conference.
 
木村仁・法学部教授による報告の様子 木村仁・法学部教授による報告の様子
木村仁・法学部教授による報告の様子