関西学院大学 研究活動情報

Kwansei Gakuin University Research Activities

岡田克彦・経営戦略研究科教授が日経CNBCにてAIと資産運用について解説
Professor Katsuhiko Okada explained the potential change in asset management business with AI in Nikkei CNBC

2019.07.24

 岡田克彦・経営戦略研究科教授(専門:行動ファイナンス)が、日経CNBCの崔真淑のインタビュー番組「サイの視点」(2019年6月12日14:00-14:30)に出演し、「AIが将来的に人間のファンドマネージャーの仕事が奪うのか?」という疑問について解説しました。

 AIによって仕事の半分が奪われてしまうという衝撃的な論文が2014年に発表されて以降、AIがもたらすあたらしい社会のあり方に不安が広まっています。金融のプロであるファンドマネージャーでさえも、将来は仕事を失ってしまう可能性があるのかについて解説しました。

 岡田教授は現在AIを使ってファンドマネージャーの代わりに株式ポートフォリオを組成する会社、Magne-Max Capital Management社のCEOを兼務しています。2011年にAIの研究者とファイナンスの研究者によって共同創業されたこの会社は、2015年にYahoo! Japanの連結対象会社となって以降、運用資産を急速に増やし、現在は600億円を超える株式ポートフォリの組成を、少人数の会社で行っています。金融理論(とりわけ行動ファイナンスの知見)とAIアルゴリズムの融合が、新しい金融資産の運用手法を切り拓いたといえるでしょう。非常に高度な仕事とみなされていたファンドマネージャーの仕事も、今後はAIの活用により大きな変化を遂げていくことが示唆されます。
On June 12, Professor Katsuhiko Okada of Institute of Business and Acconting,  an expert in Behavioral Finance appeared on,Nikkei CNBC, cable television for financial professionals and individual investors. He appeard in SAI MASUMI's program, called SAI's VIEWPOINT from 14:00-14:30 to discuss potential ramification of the advent of AI in professional asset management business.

Professor Katsuhiko Okada is also a CEO of Magne-Max Capital Management(MMC), which advise on investors of their equity portfolio in Japan. Founded by AI researchers and financial economists in 2011, MMC went into capital alliance with Yahoo! Japan in 2015. Since then, MMC' assets under management sored and currently managing approximately  60 billion yen.  MMC's small operation on relatively large assets is only possible by the extensive usage of AI in portfolio construction. Professo Okada hinted that the landscape of asset management business will be dramatically different in the coming years. There is no reason for professional fund managers, who have been entrenched by high skills and deep knowledge of the market, to remain unaffected by this powerful technology.